ペイリンクジャパンの手数料

ペイリンクジャパンでは、決済代行サービスを提供する際に「手数料」を取っています。手数料の種類として、「初期費用」や「月次固定費用」、「決済手数料」や「決済処理料」などがあります。初期費用というのは、契約時にかかる費用です。また、月次固定費用というのは毎月かかる費用ですが、固定額となっています。

決済手数料は、決済金額に対して割合が決められるため、変動があります。ペイリンクジャパンは、決済手数料を安くおさえるためにインターネットバンキングなどを利用して、コストカットを行っているようです。迅速にサービスが行えることなども重要です。ペイリンクジャパンは、インターネットバンキングが実施している「リンク決済サービス」や「WEB即時決済サービス」などを取り入れています。スピーディーに決済処理を行うことができるでしょう。

決済処理料というのは、カード会社とのデータ通信料のことであり、「決済1件つき何円」と計算されます。1件単価では少額のように思えますが、決済回数が増えると大きな費用となる場合があります。決済代行を利用する場合に注意が必要なのは、毎月の売り上げがわからない場合などにかかる費用の見通しが立たないことです。決済代行サービスにかかる手数料が、意外に大きな金額となる場合がありますから、だいたいの売り上げの予測をつけて考えた方が良いでしょう。

ペイリンクジャパンが行っている決済には、クレジットカード決済以外に、「コンビニ決済」や「携帯キャリア決済」などがあります。決済の手段によって月ごとの費用や決済手数料などが異なってきます。多く用いられているのは、クレジットカード決済ですが、ネットショップによってはコンビニ決済や携帯キャリア決済などが利用される場合もあるでしょう。

手数料については、決済代行業者が自由に設定することができますから、ペイリンクジャパンとほかの決済代行業者を比較してみてください。ペイリンクジャパンでは、手数料の安さをアピールしていますが、手数料が安いだけで決められるものではありません。一般的に、手数料が安ければサポートもそれなりのものと思われるでしょう。手数料の安さ以上にサポートの良さやセキュリティ対策なども重視されます。ペイリンクジャパンでは、一括したサービスを行っており、万全なセキュリティ対策を実施しています。手数料の安さと合わせて、セキュリティ対策などの面から比較すると良いでしょう。