ペイリンクジャパンとクレジットカード決済

購入した商品の支払い方法には、クレジットカードやコンビニ支払い、銀行振込みや代金引き換え(通称代引き)などがあります。この中で普及しているのが、クレジットカード決済です。

購入者は、ネットショップなどで商品を購入する際にクレジットカードを使用します。クレジットカードの支払い方法として、「1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い、フレックス払い」などがあります。「1回払い、2回払い、ボーナス払い」に関しては、金利手数料が必要ありませんが、「分割払い、リボ払い、フレックス払い」を選択すると、金利手数料が発生します。

商品を購入した時点では、まだ支払いはされておらず、先に購入者に商品が届けられ、その代金はカード会社が立て替えて支払っています。カード会社は、購入者から金利手数料を受け取りますが、ネットショップとも契約しており、加盟店手数料を受け取っています。ネットショップがクレジットカード決済を導入するためには、カード会社の審査を受けて加盟店となる必要があります。しかし、審査に通るとは限りませんし、複数のカード会社と契約する手間がかかります。決済代行サービスを利用する場合は、ペイリンクジャパン一社と契約をするだけです。

ペイリンクジャパンは、ネットショップとカード会社との間に入って、ネットショップの代わりに契約を行う「決済代行サービス」を行っています。ネットショップは、ペイリンクジャパンに決済代行手数料を支払う必要があります。しかし、クレジットカード決済を導入することで売り上げが上がることを考えれば、十分にメリットがあると考えられるでしょう。

ネットショップを利用する際に、クレジットカードが利用できないところがあります。そのネットショップは、加盟店手数料がかかるからクレジットカード決済を導入しないのか、カード会社の審査が通らないのかは不明ですが、諸事情があるようです。クレジットカード決済をご検討中の場合は、ペイリンクジャパンにご相談ください。

カード会社は加盟店を増やす努力をしていますが、ペイリンクジャパンもまた、決済代行サービスを利用してもらえるように営業をしています。ペイリンクジャパン以外にも、決済代行サービスを行っている業者はたくさんあります。決済代行業者の選び方ですが、審査のスピードが速いことやサポートの良さなどがあげられます。ペイリンクジャパンを他社と比較してみてください。

ペイリンクジャパンの決済システム

ペイリンクジャパンは日本国内の企業はもちろんのこと、外資系企業が日本でスムーズに活動を行えるように専門のスタッフがサポートしています。ペイリンクジャパンでは、複数の決済やシステムを一括で管理していますから、決済手段ごとに契約する手間やコストを省くことが可能です。ペイリンクジャパンの決済システムを利用すれば、クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や電子マネー決済など多彩な決済サービスを導入できるでしょう。

ペイリンクジャパンが導入している決済方法で代表的なのは、「クレジットカード決済」ですが、クレジットカードには一括払いや分割払いなど、さまざまな支払い方法が用意されています。クレジットカード決済を導入することで、高額な支払いにお客様が対応できるようになります。現金を持ち歩かない富裕層を取り込むことも、可能になるかもしれません。キャッシュレスですから、お客様との現金トラブルや金銭管理ミスなどのリスクを軽減できるでしょう。

ペイリンクジャパンは、インターネットバンキングを利用していますが、ATMまで行かなくてもいつでもどこでも、好きなタイミングでご利用になれます。スマートフォンやパソコンからのお振込み、残高確認や入出金明細のチェックが手軽にできます。

クレジットカードの不正利用によるトラブルが急増しています。ペイリンクジャパンでも、決済システムに厳重なセキュリティ対策を取り入れています。クレジットカードの不正利用が発覚した場合は、チャージバックされます。

チャージバックとは、カード会員がクレジットカードの不正利用などによって利用代金を支払わない場合に、カード会社が売り上げを取り消す制度です。万が一不正利用されても、カード会員は守られます。ただ、チャージバックはお客様にとっては安心できる制度ですが、商品を販売する業者側にとっては、損失額を負担しなければいけないケースもあるようです。不正利用されないように、クレジットカードのセキュリティ対策を行うことが重要です。

ペイリンクジャパンのFacebookを見る

ペイリンクジャパンでは、「3Dセキュア」や「セキュリティコード」を用いてチェックを行い、不正利用検知機能などで取引の監視を実施しています。セキュリティの意識の高いインターネットバンキングを利用することでも、かなり安心できそうです。顧客管理を行わなければならない決済システムには、情報漏えい対策や高度なセキュリティ対策が不可欠です。

ペイリンクジャパンを利用するメリット

ペイリンクジャパンの決済代行サービスを利用するメリットですが、ネット通販などを運営している加盟店(事業主)は、カード会社との契約を一括で申し込むことができます。ペイリンクジャパンのような決済代行会社を利用しない場合は、複数のカード会社との契約を一社一社個別に行う必要があります。ペイリンクジャパンに依頼することで、複雑な事務作業などの手間が省けるでしょう。

また、カード会社の加盟店になるには審査を受ける必要がありますが、審査に落ちるおそれもあるようです。カード会社の審査は時間がかかりますから、決済代行サービスを利用することで、審査を受ける手間を省くこともできるでしょう。審査に落ちることが予想される場合なども、決済代行サービスは便利なサービスと言えるのではないでしょうか。

ペイリンクジャパンでは、ネットショップの売り上げの管理なども代行しています。クレジットカードの仕組みは複雑で、カード会社ごとに入金のサイクルや手数料率などが異なっています。クレジットカードの支払いによる売り上げの管理もまた、たいへん複雑です。ペイリンクジャパンは面倒な手続きを、すべて代行しています。

さらに、クレジットカードのセキュリティ面なども心配になるところですが、ペイリンクジャパンは万全のセキュリティ対策を行っています。最新技術のセキュリティ対策を採用することで、安心してネット上で取引できます。

ペイリンクジャパンは、インターネットバンキングを利用していますが、「リンク決済サービス」や「WEB即時決済サービス」など簡単に手間取ることなく、スピーディーに取引できるのが特徴です。決済代行サービスを利用する際に、入力に時間がかかりません。セキュリティに不安を持っていて、インターネットを利用する際の入力を面倒だと思っている人にとって、たいへん便利なシステムでしょう。

ペイリンクジャパンは、決済代行サービスを低価格で提供しています。低価格で提供できる理由ですが、インターネットバンキングの利用をはじめとしてコストをおさえることのできる方法を選んでいます。ネット通販の伸びとクレジットカードの普及で、決済代行サービスを行う業者も増えてきていますから、より低価格で提供することが重視されるようになっています。今後のペイリンクジャパンのターゲットとしては、クレジットカードの導入が進んでいない中小企業などが運営しているネットショップなどになるでしょう。

ペイリンクジャパン利用の流れ

決済代行サービスの導入方法には、「リンクタイプ」と「モジュール組込みタイプ」があります。ペイリンクジャパンが行っているのは、導入が簡単な「リンクタイプ」です。リンクタイプとは、決済システムをレンタルする方法です。ペイリンクジャパンでは、すでにできあがっている決済システムを用いていますから、新たにシステム開発を行う必要がありません。ペイリンクジャパンに依頼すれば、決済代行サービスの初期の導入コストを低くおさえることができるでしょう。

モジュール組込みタイプの方は、デザインをカスタマイズして、新たな機能を追加することができますけど、リンクタイプより開発コストがかかります。また、デザインが複雑で機能が多ければ、開発のための時間も多く必要になるでしょう。運営するネットショップの規模が大きくて、リンクタイプに不満がある場合などは、モジュール組込みタイプの方が良いのではないでしょうか。

ペイリンクジャパンでは、インターネットバンキングを利用した決済代行サービスを導入しています。三井住友銀行やジャパンネット銀行、イオン銀行などを使っていますから、入金または送金結果が、すぐに反映されます。ネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも利用できます。パソコン以外に、スマホや携帯電話などでも使うことができますから、わざわざATMを探す必要もありません。クレジットカードの不正利用などが心配されるかもしれませんけど、特殊な暗号化の技術で簡単に情報漏れなどができないようになっています。セキュリティ対策なども、銀行ごとに無料のセキュリティソフトなどを配っていますから心配はいらないでしょう。

ペイリンクジャパンで決済代行サービスを利用するには、お問合せ後に決済代行サービスの申込書が届きます。決済代行サービスの申込書に記入して必要な書類を送ったら、審査が行われます。カード会社と個別に審査を行う必要はありませんけど、ペイリンクジャパンの審査に通る必要があります。審査の結果によっては、決済代行サービスや希望している決済手段をご利用になれない場合があるようです。決済代行サービスを導入前のお問合せなども受けていますから、不安な点についてはご相談ください。決済代行サービス開始の期間については、運営するネットショップの規模によります。ペイリンクジャパンの審査に通過した後に、決済代行サービスの手続きについて通知されます。

ペイリンクジャパンの手数料

ペイリンクジャパンでは、決済代行サービスを提供する際に「手数料」を取っています。手数料の種類として、「初期費用」や「月次固定費用」、「決済手数料」や「決済処理料」などがあります。初期費用というのは、契約時にかかる費用です。また、月次固定費用というのは毎月かかる費用ですが、固定額となっています。

決済手数料は、決済金額に対して割合が決められるため、変動があります。ペイリンクジャパンは、決済手数料を安くおさえるためにインターネットバンキングなどを利用して、コストカットを行っているようです。迅速にサービスが行えることなども重要です。ペイリンクジャパンは、インターネットバンキングが実施している「リンク決済サービス」や「WEB即時決済サービス」などを取り入れています。スピーディーに決済処理を行うことができるでしょう。

決済処理料というのは、カード会社とのデータ通信料のことであり、「決済1件つき何円」と計算されます。1件単価では少額のように思えますが、決済回数が増えると大きな費用となる場合があります。決済代行を利用する場合に注意が必要なのは、毎月の売り上げがわからない場合などにかかる費用の見通しが立たないことです。決済代行サービスにかかる手数料が、意外に大きな金額となる場合がありますから、だいたいの売り上げの予測をつけて考えた方が良いでしょう。

ペイリンクジャパンが行っている決済には、クレジットカード決済以外に、「コンビニ決済」や「携帯キャリア決済」などがあります。決済の手段によって月ごとの費用や決済手数料などが異なってきます。多く用いられているのは、クレジットカード決済ですが、ネットショップによってはコンビニ決済や携帯キャリア決済などが利用される場合もあるでしょう。

手数料については、決済代行業者が自由に設定することができますから、ペイリンクジャパンとほかの決済代行業者を比較してみてください。ペイリンクジャパンでは、手数料の安さをアピールしていますが、手数料が安いだけで決められるものではありません。一般的に、手数料が安ければサポートもそれなりのものと思われるでしょう。手数料の安さ以上にサポートの良さやセキュリティ対策なども重視されます。ペイリンクジャパンでは、一括したサービスを行っており、万全なセキュリティ対策を実施しています。手数料の安さと合わせて、セキュリティ対策などの面から比較すると良いでしょう。